電話 順番予約 事前予約 勤務表

Advance care

アドバンスケア

イメージ
動物たちとずっと笑顔で過ごすためのサポートシステム

年を重ねるごとに、運動機能の低下や認知症・疾患の発症など動物たちの身体や生活にも変化が生まれます。その中で戸惑いや不安を覚える飼い主様がたくさんいらっしゃることも事実です。手術や薬の力だけではケアできない部分まで、スタッフが飼い主様と一緒になってサポートできるよう、当院では「アドバンスケア」を実施しています。
リハビリや介護といった動物たちへのケアだけではなく、飼い主様の心や暮らしに寄り添ったサポートが特徴となっています。

イメージ
シニア期のケアを支える介護・預かりサポート

動物医療が発展する一方で、高齢となった動物の認知症やホームケアが飼い主様の負担になってしまうケースも、近年増えています。
元気だった頃とはまた違ったケアが必要となった動物たちとの過ごし方や飼い主様自身の心のサポートまで、スタッフが一緒になってお手伝いさせていただきます。

事例のご紹介

介護が必要なシニア期のワンちゃんと暮らす飼い主様から、お仕事で日中の介護が十分にできないため、当院にケアの依頼がありました。ワンちゃんが昼夜逆転の生活になってしまい、飼い主様には疲れが見え始めていました。
なるべくお薬は飲ませたくないという意向を汲み取り、当院でお預かりしている間は、寝たきりにならないよう車椅子を使いながら、血液の循環を良くし、なるべく起きている状態を保つよう配慮しました。お散歩に出て日光をあびることで、セロトニンの分泌を促し、夜にぐっすり眠れるようなケアも行いました。お預かりの間は二人体制で食事の補助も行います。さらに、チームとなってワンちゃんをサポートできるよう、詳細な看護記録を毎日院内で共有しています。

イメージ
獣医師と動物看護助手が連携し、リハビリやホームケアを提案

疾患によっては運動機能が著しく低下してしまったり、長期間通院しているうちに寝たきりになってしまうようなワンちゃん・ネコちゃんもいます。薬による治療以外にも特別なケアが必要なワンちゃん・ネコちゃんに対しては、獣医師と動物看護助手が連携して、リハビリやホームエクササイズなど、多角的なケアを提案いたします。

事例のご紹介

寝たきり状態となってから、口をうまく動かすことができず、食事もうまくできなかったワンちゃんに対して、アドバンスケアを実施。マッサージを継続的に行うことで、頸部のコリがほぐれ、運動機能が改善。自分でうまく摂餌できるようになったと飼い主様からもお喜びの声をいただきました。またマッサージ中に、頸部腫瘤を発見し、検査・治療を早期に行えたというケースもあります。

イメージ
ネコちゃんの幸せを考えた暮らしのアドバイスを提供

当院はキャットフレンドリー認定病院であり、ネコちゃんが安心して過ごせる動物病院を目指しています。それだけでなく、ネコちゃんとお住まいの飼い主様に対して、ネコちゃんと幸せに暮らすためのアドバイスをプロとして提案させていただきます。

ルカ動物医療センターと
LINEでお友達になろう!
お友達になる
ルカ動物医療センターの
インスタグラムをフォロー
SNSをチェック